白髪染め何を使えばいいの?その3

前回の続きです。

物理吸着型のカラー

 「ヘアマニキュア」

髪色は明るくできない。
髪の持っている+イオンに-イオンの染料を吸着させて染めるカラー。

刺激がほとんどなくかぶれもほぼない。
髪のダメージは小。
色味が非常に豊富、白髪や明るい髪に染めると鮮やかな色味がでる。

地肌も染まってしまうので髪の根元ギリギリから染めることになるので持ちは化学反応型に比べると短い。
シャンプー毎に少しずつ色が落ちていく。

髪を傷ませたくない、紫や赤など鮮やかな色味にしたい方に。

 「ノンジアミンカラー」

かぶれの原因になりやすいジアミン系の染料ではなく塩基性染料やHC染料という新規染毛料を使ったカラー。

かぶれを起こしづらく、色味も豊富。
髪へのダメージは小。
髪色は明るくはできない。

色持ちは化学反応型に比べると短い。

白髪はしっかり染めたいけどかぶれが気になる方に。

番外編

サロンでは施術することはあまりないのですが市販で良くあるもの

 「カラートリートメント・カラークリーム」

使っているうちに段々と染まって行きますよというタイプのものは塩基性染料、HC染料を使っていることが多いようです。

刺激が少なく地肌に染まりにくく、髪へのダメージが少ない。
色落ちしやすいので定期的に使用する必要がある。

光で染めるというタイプは硝酸銀というものを使っていて太陽光に反応して黒色化します。

色落ちはしにくい。
その反面アルカリカラーやパーマと併用すると髪が緑色になってしまったり、
パーマがかからないという影響がある。

以上、白髪染め何を使えばいいの?
でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

東京都北区王子神谷・東十条の美容院【ピリカ】のホームページをご覧いただきありがとうございます。

ピリカではフレンチカットグランという毛量矯正技術を用い、髪の毛の量を調整して髪のボリュームを自由に表現致します。専用のハサミを使用してお客様の髪の個性を活かしつつ、量やクセなどの悩みを解決致しますので、ヘアスタイルでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

★ハナヘナ使用美容室!パサつきや、うねりでお悩みではありませんか?★
ハナヘナとは古来より使用されてきた、髪に優しい天然染料です。髪のダメージでお悩みの方、ハリが欲しい方、大自然の香りを堪能しながら髪に癒しを与えませんか?ハナヘナはヘアケア効果だけではなく、頭皮の代謝を促すので、育毛効果やフケ・かゆみを取り除く効果も期待できます。

東京メトロ南北線 王子神谷駅より徒歩2分。ご予約、お問い合わせはTEL03-3927-4472または専用フォームにて承っております。お気軽にどうぞ。皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

このページの先頭へ